湯河原温泉 三桝家

お電話でのご予約・お問い合わせ
0465-62-8111

空室検索

温泉

湯河原では、温泉郷の中心を流れる千歳川沿いの源泉を共同で管理しております。
泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。Ph値8.5の弱アルカリ性。
無色透明でやや塩分を感じる温まりやすく冷めにくい、肌にやさしいお湯です。
源泉温度はきわめて高く三桝家に来た時点でも58~60℃あります。

温度調整のため若干加水いたしますが、循環は一切せず源泉を掛け流ししております。「三桝家の湯は湯河原の他と宿と源泉が違うの?」とのご質問をいただくことがあります。

他のお宿さんのお湯よりやわらかい感じがするそうです。
三桝家は、他のお宿様同様共同源泉を使用しております。

ただし、源泉からやや離れた位置にあります。
実はこの距離によってじっくりと熟成され、ワインのでキャンタージュのように、泉質はそのままに、まろやかでやさしいお湯に変わっているようです。

【湯守から一言】
温泉は生きています。その日によって微妙に温度や湯の色そして匂いまでも変化します。
その日の天気・温度によってお客様に気持ち良くご利用いただけるよう心掛けております。
【適応症】
慢性婦人病、疲労回復、神経痛、筋肉痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、冷え症、慢性婦人病、動脈硬化症、健康増進など幅広い効能があります。
【入浴時間】
15時~翌10時(深夜のご入浴が可能です)
深夜0時に香仙殿の湯と芳舟泉の湯を男女入れ替えを行います。ぜひ、両方のお風呂をお楽しみください。 露天風呂は、香仙殿の湯でお楽しみいただけます。

檜の埋れ木に漆塗りを施した浴槽

三桝家の大浴場の材料は全て「檜の埋れ木」です。
樹齢2000年の檜の巨木が、海抜2000メートル以上の深山に、200年以上埋れ眠っていた貴重な珍材です。

埋れ木(うもれぎ)とは、倒木が水や火山灰や土砂などに埋没し、酸素が遮断されることで、菌や虫などによって腐敗することなく、長い年月を経て、半ば炭化した木を指します。「神代(じんだい)」とも呼ばれ、非常に希少価値の高い銘木です。
この檜の「埋れ木」に何回も漆を施し磨きあげて造られた、日本唯一の漆塗り浴槽です。

「檜の埋れ木」はアルファーカジノールという抗菌性成分を持っていますが、檜の埋れ木の精油には通常の檜の十倍以上も含まれています。またヒノキチオール成分も多量に含まれる事がわかっています。その効能は高血圧、神経痛、リュウマチ等をはじめ皮膚病、ノイローゼ、疲労回復等々幾多の健康障害に効果があり、長寿を保つための要素をたっぷり備えた不思議なお風呂です。

芳舟泉の湯

香仙殿の湯

露天風呂

  • 三桝家の魅力
  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • 三桝屋の日々(紅葉のたより)